プロフィール
りょうゆう
りょうゆう
経営者再生コンサルタント
最近のコメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 19人

経営支援の現場から 似非コンサルタントによる被害救済 ②



前回ご紹介した若き女性起業家の事業再生をりょうゆう事務所が請け負うことになりました。

必要のない創業資金を、補助金で2/3を返済できると騙して日本政策金融公庫から借入れしてしまい、補助金手続きは放棄され、500万円の借金だけを残されてしまった会社。

しかも、わざわざ補助金申請のために法人化させられたという。

法人化による従業員の社会保険加入費用と、似非コンサルタントの月々の指導料が費用増となり、丁度その額分初年度から欠損決算となってしまった。

その似非コンサルタントに出会わなければ安定した業績を維持していたのに、その指導の性で1年にして経営悪化を招いてしまいました。

『私に任せれば補助金を貰えますよ。』などと言う似非コンサルタントに経営者の皆様ご用心ください。

東京のあるコンサルタントがホームページに
『東京一資金調達の上手なコンサルタント! それは補助金申請が100%通るからです!』と自慢げに宣伝しているコンサルタントが居ました。

くれぐれも、『私に任せれば補助金を貰えますよ。』などと言う似非コンサルタントに経営者の皆様ご用心ください。

経営・人生の緊急相談は、バナーをクリックしフォームメールにより年間無休24時間最優先でお受けします。




事業承継にお悩みの経営者の方は『後継ぎネット』へ御相談下さい。


りょうゆう事務所 北高崎無料相談所
〒370-0803 群馬県高崎市大橋町96-3   
電話番号:050-1057-4940 FAX:027-202-0911
E-mail:akaishi@ryoyuh.com




経営支援の現場から 似非コンサルタントによる被害救済



先日友人の紹介で若き女性起業家が相談に訪れてきました。

個人事業で創業し、それなりの実績を上げていた事業所でしたが、最近流行の〇〇の会などと言ういい加減な主催者による異業種交流会に参加して、自称女性経営コンサルタントと名乗る人を紹介され指導を受けたとのことです。

最近起業ブームで地方紙に紹介されたり、やたらと見た目の格好良いホームページで腕を組んだり、指を刺した派手なパフォーマンスの経営コンサルタントが増えておりますが、本当に経営を知っているのでしょうか?

どこかのコンサルタント会社にいたとか、金融機関に居たとか、国家資格を持っているとかカリスマぶっていますが、本当に自分で保証判を押して借入れした経験があるのでしょうか?

この方も、そんな似非経営コンサルタントに騙されてしまったようです。

よく、『私に依頼すれば補助金を受けられます!』と謳い文句にしているコンサルタントが居ます。
これは経営コンサルタントの風下にも置けない輩です。

特に運転資金調達の手段として補助金・助成金をあてにする経営を指導しようとすることは本末転倒で、経営者を騙す言葉です。
何故なら、健全に利益を確保し、成長できる経営体質を構築するための支援が経営コンサルタントの役割であり、自己資本金を増やすことにより如何に固定負債を減らして流動資産を増やすことが経営の健全化です。

その課程で何らかの事業革新に必要な投資に不足する資金を補助金や助成金で補うのであり、補助金・助成金有りきで経営計画を立案することはまるで間逆な経営です。
何故なら、補助金・助成金は投資額の2/3が一般であり、目的が跡付けであるということは、1/3を本来必要無い目的に先行出費するということです。
ましてや、その費用を業者と組んで実際には発生させない手口は、国民の税金で支給する補助金・助成金を国から搾取する詐欺行為です。

社会に対し役立とうとする経営者の苦しい状況に乗じてその一部を見返りに請求する自称コンサルタントの何と多いことか。
このような真に会社を再生、または支援する振りをするコンサルタントを似非コンサルタントと言わざるを得ません。

経営・人生の緊急相談は、バナーをクリックしフォームメールにより年間無休24時間最優先でお受けします。




事業承継にお悩みの経営者の方は『後継ぎネット』へ御相談下さい。


りょうゆう事務所 北高崎無料相談所
〒370-0803 群馬県高崎市大橋町96-3   
電話番号:050-1057-4940 FAX:027-202-0911
E-mail:akaishi@ryoyuh.com